葬儀場の畳を新調させていただきました

2020年4月10日

ティア岸和田様の親族控室、10畳のお部屋を半畳縁なしで20枚、全部で3室作らせていただき
ました。Beforeは「縁付き畳の不祝儀敷き」、Afterは「半畳縁なし畳の市松敷き」になります。

ティア岸和田様の畳新調

不祝儀敷きの施工前、市松敷きの施工後

色はモカベージュを使い、交互に敷くことで緩やかな濃淡の市松模様になり、
ゆったりと落ち着ける空間に仕上がっています。
2色に見えますが使用した畳表はモカベージュ1色で、光の当たり具合により濃淡が現れます。

すべて同じ色の畳表ですが方向を変えることで見える色が変わります   10畳を半畳縁なし畳で施工した場合20枚必要になります   モカベージュは洋室のフローリングともよく合います

落ち着いた雰囲気に仕上がりました   建具と中心線を合わせたりなど、気が付いた範囲ではありますが、できる限りはさせて頂きます   四目も隙間が無いよう頑張らせていただきます


建具との中心線の合わせや、四目に隙間が無いようになど、できるだけ頑張らせて頂いてます。
※半畳の枚数で均等に割る事が多く、寸法によってはズレますので、どうしても合わせたい場合などは事前にご相談ください。


使わせていただいた畳表はセキスイの「MIGUSA」です、水や汚れに強く水拭きできる畳表で、
お茶をこぼしてもシミになりにくく、お客様も安心して使って頂けます。

飲み物をこぼしても安心です


今回、工務店さんからお声掛けいただき、半畳20枚3室、合計60枚作らせていただきました。
村田畳店は2人だけですが今回のような大口の注文にも対応できますので一度お声掛けいただけ
たらと思います。



<< 前の記事